TOP >  会社概要 >  沿革
沿革

沿革

  • 1980年~
  • 1990年~
  • 2000年~
  • 2010年~
1981年 創立
量産車両のスタイリング、設計、試作業務開始
1982年 レースカーの研究開発開始
1984年 CFRP等先進複合材料の応用技術開発に着手
EVの自主研究に着手
メカトロニクス機器の開発開始
1985年 グループCレースカーの開発に着手
Eバイク「TRDEX-1」を東京モーターショーに展示
1986年 鈴鹿事業所開設
入門用レースカー「FJ1600」の製造販売開始
1987年 金田事業所開設
Eスクーター「ESX」を東京モーターショーに展示
1989年 CFRP実験用スポーツカー開発
1990年 EV「NAV」発表
1991年 平塚事業所開設
3D CAD「IBM CATIA」導入
高性能EV「IZA」発表
初の市販Eスクーター「ES600」発表
樹脂フレームEスクーター「E24B」発表
1992年 模型風洞設置
「IZA」ナンバー取得
研究用F3000レースカー「R&D921F」開発
1993年 「ES600」型式認定取得、市販開始
厚木事業所開設
横浜事業所開設
「ES600」東京~鈴鹿間約500kmを14日間で走破
英国McLaren Electronic Systems社のアジア・オセアニア地区総代理店権獲得
1994年 Eレースカー「Z.E.R.O.‐1」開発
「ES600」’94グッドデザイン商品、日本産業デザイン振興会会長賞受賞
FJレースカー「FV/94」発表
CFRPシーカヤック「クロシオ」発表
量産車用エアロパーツの開発開始
1995年 Eレースカー「EF/95」開発、鈴鹿サーキットで開催されたレースで優勝
ネオヒストリックレースカー「カドウェル」開発
EV用バッテリ評価装置「BTS」発売
FRPリーフスプリング・サスペンション自転車「CITICAT C20、C26」開発
CFRPシーカヤック「シーフォックス」発表
1996年 「Z.E.R.O.‐1」鈴鹿サーキットで開催されたレースで優勝
自社風洞設備にてF4空力開発開始
1997年 「ES600」日本縦断3000kmを45日間で走破
F4レースカー「FW/97」発売開始
「CITICAT」’97グッドデザイン商品、グッドデザイン中小企業庁長官賞受賞
1999年 Eスクーター「es-x2」、Eスクーター用パワーユニット「PUES21」を東京モーターショーに発表
厚木事業所に株式会社ピューズ設立
2000年 少量生産スポーツカー「VEMAC RD180」発売
2001年 少量生産スポーツカー「VEMAC RD320」発表
2002年 GT300レースカー「VEMAC RD320R」発表
2003年 GT300スポーツカー「VEMAC RD350R」発表
Eスクーター「ELE-ZOO」発売
東京モーターショー・カロッツェリア部門に自社ブース出展
2004年 GT500レースカー「VEMAC RD408R」発表
少量生産スポーツカー「VEMAC RD200」発売
2005年 東京モーターショー・カロッツェリア部門に自社ブース出展
コンセプトハイブリッドスポーツカー「VEMAC RD408H」発表
「ISO 9001」審査登録達成
2006年 スーパーFJレースカー「FV/202」発表
2007年 スーパーFJレースカー「FV/202」販売開始
2008年 タイ・バンコクサイクル社との技術提携を発表
タイ・バンコクサイクル社のCFRP自転車フレームの開発開始
CFRP電動アシスト3輪自転車の開発開始
2009年 バンコクサイクル社と試作CFRPフレームを台北サイクルショーに展示
環境省「次世代自動車等導入促進事業」に「ELE-ZOO」を納入
スーパーFJレースカー「RD09VB」発売。鈴鹿・富士、両シリーズチャンピオン、日本一決定戦優勝
2010年 F4レースカー「RD10W」発売
スーパーFJレースカー「RD10V」発売
経済産業省 大型電気バス開発
経済産業省 小型コミュニティ電気バス開発
経済産業省・資源エネルギー庁 スマートチャージコントローラ開発
伊藤忠商事 「マツダ デミオ」改造電気自動車開発
ベタープレイスジャパン 「日産デュアリス」改造電池交換式電気タクシー開発
2011年 環境省・慶應義塾大学 大型8輪電気バスのシャシー開発
三菱重工業 大型電気バス開発
三重県 教材用電気軽トラック開発
伊藤忠商事 THINK社(ノルウェー)製EV「City」を急速充電仕様に改造及び国内登録
2012年 環境省 配送用トラックのEV化技術の開発・実証
環境省 小型コミュニティ電気バス(離島向け)開発
秋田県 中型電気バス(寒冷地市内向け)開発
沖縄県 中型電気バス(中古車改造)開発
2013年 環境省 配送用小型トラックEV化改造キット開発
2014年 東日本旅客鉄道 気仙沼線BRT用電気バス(e-BRT)開発
京都市 N電27号車(復元車)の蓄電池駆動化
2015年 デザインセンター開設

TOP >  会社概要 >  沿革