TOP >  事業内容 >  次世代自動車開発
次世代自動車開発

次世代車両開発

常に時代の先駆者であること。素材、エネルギー、製法、構造、システム等
先進的要素技術を、先駆者としてのノウハウと新しい発想で支援します。

次世代自動車開発のパイオニアとして

かつて、全く何も無いところから電気自動車開発に取り組んだ、東京R&D。そのころから培われたフロンティア精神は、今も東京R&DのDNAに刷り込まれています。
現在においてもEVやHV、FCVなどの「次世代自動車」の開発のパイオニアとして、高い提案力と柔軟な開発力で、さまざまなお客様のニーズにお応えし続けています。

EV開発のあゆみへ

次世代自動車開発のパイオニアとして

自動車の未来を作るお手伝いをします

東京R&Dでは、自動車メーカー・自動車部品メーカー各社より、研究車両・試作車両などの受託開発を行なっています。
高い技術力・豊富な実績に基づいた提案で、これまで多くのメーカーと、さまざまなプロジェクトを成功させてまいりました。完全なコンセプトモデルの試作車から、量産に向けてのテスト車両、国内外のモーターショー・海外展示会向けのショーモデルや特殊用途車両まで幅広いニーズに対応する設計・製作体制を整えています。

次の世代の自動車のために

Vehicle ICT

東京R&Dでは数多くの次世代車両開発で蓄積した技術を用いて車両のCAN(Control Area Network)情報を活用したICT(Information and Communication Technology)ソリューションを準備いたしました。
特に電気自動車(EV)、ハイブリッド車(HV / PHV)、燃料電池車(FCV)など、多様な車両のバッテリー監視や新機構のデータモニタリングならびにその解析は実証運用のサポートや営業運用時のメンテナンス効率向上をはじめとした経済効率の向上に大きく貢献いたします。

EVスペシャルサイト Vehicle ICTのページへ

FCV(燃料電池自動車)について

水素と、空気中の酸素を反応させてエネルギーを生み出す「燃料電池」を用いて動作するFCV「燃料電池車」。ここでも東京R&Dがこれまで培ってきた経験を生かすことができます。特に燃料電池が生み出すエネルギーを利用した、動力作り、システム作りは、EV(電気自動車)のプロフェッショナルとしての経験をそのまま活かすことができます。
FCVの普及が進む過程であらゆるプロセスにおいて、私たちはその車両の開発に深く関わることが可能です。

自動運転車両

現在、各社メーカー、さらにはIT企業、家電メーカーなどによる開発競争が行なわれている自動運転車両開発。まったく新しいこの領域だからこそ、車輌開発に特化した私たちのノウハウを活かすことができます。デザイン、設計、車載コンポーネント・制御システム、さらには実証試験のお手伝いまで能動型のソリューションで、お客様の開発を強力に後押しします。

TOP >  事業内容 >  次世代自動車開発